読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清志郎が死んじまった


俺が中学、高校と聞き続けたロックの帝王、神様、天才、いろんな言われのある清志郎が死んだらしい。悲しい。実に悲しい。あんなにも頑張っていたのにあっさり死んじまった。今となっては晩年の、と言うべきあるアルバム「king」や「god」も素晴らしい出来だった。ソウルフルってのが日本人であんなに表現できる人は清志郎しかいなかった。もっと聴きたかった。楽しい音楽に乗せて歌われる救われない悲しみに俺は何度となく励まされたというのに、もう死んじまった。

書くべきことはたくさんあるけど、今はただ嘘のニュースだと思っていたい。殺されても死なないと思っていた。でも死んじまった。俺がミュージシャンになる前に死んじまった。俺の曲を聴いて欲しかった。俺と一緒にセッションして欲しかった。今、俺の部屋ではRCサクセションの「BLUE」がターンテーブルの上で回っている。ニュースを知る前から聴いていた。

どうしてかはわからないけど、清志郎の声が聴きたくなって、それで聴いていたんだ。