読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランペットが人生の分岐点

俺は昔から運が悪いほうではないと思い込んでいた。しかし、最近は俺はついていない人間だ、とずっと思っている。


まず、俺という存在が発生したのが周りの人間にとっての不利益になるとは20年以上前にはわからなかっただろう。だけどしっかりと今は迷惑な存在として君臨している。

ニートではないが、フリーターと言われると納得出来なくもないような感じで職を転々とし、空き缶を集めて換金する生活が控えているかも知れないというゴミ野郎です。

俺がこうなったのは俺だけの責任なのか、そんなわけはない。人間というものは生まれてきてから、周りの環境や遺伝子、色々あって人格が形成されるものだ。その色々というのは絶対に俺だけのせいではない。親が悪いというわけではない。あのとき俺が説得できなかったのが悪い。

俺は小学2年生のときに親にねだったものがある。買ってほしいとお願いしたが、買ってもらえなかった。それは何か。トランペットだった。黒人の少年がショーウィンドウの中にあるトランペットをガラスに手をついて見ていた、みたいな話がよくあるが、その話の黒人の少年を白豚みたいな少年に置き換えるだけで俺のリアルストーリーになります。

俺は親を説得して、なんとかトランペットを手に入れたかった。そして当時の憧れであったトランペッター桑マンになりたかった。

しかし、どうせこいつにこんなものを買って与えたところで何にもならないだろうと思われて却下されてしまった。おそらくもっとちゃんとしたジャズのトランペット奏者を例に出しておけばなんとかなった気もするが、それも今となっては後の祭り。桑マンはほとんどバカ殿のじい役に専念していたし。

あのときに本当にこれは思っていることなんだけど、トランペットを俺に与えていたらきっと良い結果が待っていたと思う。なぜなら、中学生くらいから途切れることなく、冷めることなく続いていることは唯の一つ、音楽しかないのだ。

俺は今も金にならない音楽を作りながら生きている。もしもあのときにトランペットを買い与えられていたら…そんなことを思いながら俺は暮らしている。今の自分を否定するしか上昇する道はないのでしょうか。悲しい。

俺は親に褒められたいし、彼女にもプロポーズしたい。そして幸せになりたい。だけどこの体たらくでは何も進まない。もうブログなんてやめるしかないんじゃないか。というか、もう少しやる気のあるブログを始めたほうが良いんじゃないか。

そもそもいつまで俺は夜霧を背負っているのか。夜霧で仕事依頼が来るなら考えるけど、来ないしもう面白くもなんともないし、マジで。アーカイブとか読んだらびっくりしたよ。こんなゴミみたいな文章でよく毎日100〜200人くらい見に来てたなと。

夜霧完全終了までの幕は切って落とされましたね。