読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しました

引越しということを何度も繰り返す癖がある。しかし、「4WDは君に語りかける」に関しては一切の移転はなかった。それを今回実施したのには理由がある。はてなダイアリーはもはや時代遅れ。ただ、その時代遅れなところが酷く当サイトには合っていた。そもそもが時代が変わったのにも関わらず、未だにサイトとかブログとか言っているのは俺くらいなものだ。世間ではバイラルメディアやまとめサイト、ウェブアプリなどに移り変わっている。世間はもう「ホームページ」や「ほめぱげ」には興味もないし、知らないかも知れない。

今回の引越しを決めた理由は、何かあったときのために移転しておいたほうがいいんじゃないかと思ったことが発端。これが別に意味を成すかどうかは知らないが、一応ダイアリーよりはブログのほうが良さそうな気がするのである。引越しとは特に深い理由や意義があってはならない。気づいたら引越ししていたくらいの気持ちでも良い。

実際にブログに移転したからと言って、ブログをバリバリに更新するのかと言われれば多分しないのである。あくまでも特に意味のないことや好き勝手に文章アップロード出来る場があれば良いのだ。だからこそこのサイト(ウェブログ)に関してはコミュニュティの発生する場所ではないし、閲覧者に媚を売る必要もない。フリーダム。この場所を俺は守り続けることにしただけである。

引越しなんかをすると意外とやる気が出てきて、記事をばんばん書く人が居たりするが、俺は絶対にそれはしない。俺が書きたいと思ったときや、どうしようもなく暇で死ぬかも知れないときくらいにしか、このサイトは更新されないのである。だから、このサイトが更新されているときは「ああ、4WDは金がなくてやることがないんだな」とか「ああ、暇なんだな」と思ってくれて結構。実際に今だってスクフェスのイベントを走ろうとは思うものの、いまいちやる気が起きないので試しに、久々に日記でも書こうと思った結果がこれだ。

ちなみにこの日記を書いているのは引っ越してから丸一日経っている現在だ。要するに昨日は引越し作業だけで十分に「飽きて」しまったんだろうな。一応はてなダイアリーのほうに引越ししましたという告知だけはしておいたものの、どうせ誰も見てないし、どうでもいいやーとか思っての今日やっとこっちに記事書いている状態だからね。やる気とか本当にない。もしも俺にやる気があったのなら、そのやる気を今さら一銭にもならないサイト更新とかに費やすわけないだろ! 俺のやる気とかほとんど存在しないんだから! 貴重なんだよ! やる気が!

やる気がもしもあったのなら俺はまずスクフェスやっているだろうが!

すまない、ちょっと怒りすぎた。そう、そもそも怒りがある。ノーマルタイプエヴァ、BIGが400枚出るやつをちょっと打ったんだけど、ボーナス重すぎだろあれ。そもそも一万円入れて連続演出に発展したの2回ってなんだよあれ。ノーボーナスで帰宅って久しぶりで戦慄が走ったんだが。本当どういうことなんだろうねあれ。でも意外とノーマルタイプでノーボーナス帰宅ってあるんだよね。最近のパチンコホールっていうのは設定以外の何かが存在するような気がするよ。店が「マジで出させたくねえ!」って4,5人くらいで本気で祈ってたりしそう。「祈祷室」みたいなものが存在するんじゃないか。そこで店員たちがずっと呪いの呪文を唱え続けているとしか思えない。ということで俺も呪いには呪いだってことで、霊感商法間違いなしの開運グッズを大量に買い込んでからの入店と行きたい。よーし、まずはパチンコで勝って、その勝ったお金で開運グッズたくさん買うぞ!えいえいおー!!!!!!(病気)

今はもう誰も

俺としてはやっぱりインターネットを続けたい気持ちが強い。仕事よりもインターネットだと思うし、インターネットがあったからこその幸せをずっと享受し続けてきた。しかしながら寄る年波には勝てず、朝は体が痛い、視力は落ちる。口は昔ほど回らなくなってきた。中高年の皆様!! と叫びたくなるくらいに俺は老化に怯えている。もっと言うとうろたえている。あな恐ろしや老化現象。俺は朝立ちするほうだが、これが今になくなってしまうのかと思うと悲しくて悲しくてとてもやりきれない。

何の話をしようとしていたのか。俺はインターネットに関しての話をしたかった。

俺は未だに燻っている。今は仕事を頑張っているが、もしかするとそのうちやめてしまいそうになるかも知れない。そのときに困るのはお金とか新しい仕事とかという話にもなるし、家人にも迷惑がかかる。もっと言うと家人がいなければ仕事はしていないと思う。俺はなんと言ってもやりたいことを結局「チャレンジすら」しなかったのである。青春時代をインターネットと音楽に身を捧げ、それでもそっち方面で大成していないのは才能がないからではない。挑戦をしていないのである。俺はこれマジで言っているからね。頑張ってチャレンジした結果が今じゃないからね。これマジだからね。だから俺は挑戦してみたいのです。死ぬまでには自分で音楽作品をちゃんと作りたいし、インターネットも昔みたいに楽しくやりたい。

今はインターネット楽しくないですよ。なぜかというとやっぱり上の人たちが軒並みやめたからね。すごい寂しいことです。俺の憧れの人は今もインターネット上にはいるけど、本業があって、そっちの名前でやっているわけですから。もう一人憧れの人がいて、まあ結構有名な人なんですけど、その人の文章が俺は大好きなんだけどやっぱりその人はインターネットでワイワイやっているほうが楽しいみたいで、今はあまり文章をインターネット上にアップはしていないみたいです。

昔が良かったんじゃなくて、ネットでの活動が文章っていう静的なものから動画とかの大容量もいけるようになってしまったから、もはや動画とか生放送、配信で楽しませることがトレンドなわけです。俺も少しは動画とか配信とかやってみたけど、やっぱり時間とかないし、静的なコンテンツである文章でなんとかやりたいとは思っているのは山々なんだけど、これが結構難しいものだと気付くのはあっという間だったよ。そもそも俺がサイトやってた頃だってラジオでかなりの人数集めたりしている人いたし、そもそも動的なコンテンツには勝てないんじゃないかって、どうしても思ってしまう。どうやったら勝てるか考えてみても、文章という部分では一緒かも知れないけどやはりコミュニケーションがある、ライブ感があるというツイッターやラインには勝てない。ブログや、ホームページはどうしたら良いんだ。

結局ホームページは駆逐されていく運命にあるのかも知れない。インターネットという広大な世界の中で俺たちは辿り着くこともなく、今日も明日もあさってもホームページはなくなっていっているのかも知れない。今はもう誰もインターネットではないのかも知れない。

風邪引いた

すげえ風邪引いちゃった。もう4日目になるんだけど。風邪引いてから4日目だよ。いわゆる夏風邪ってやつなのかも知れないんだけど、夏風邪って長引くらしいじゃん。マジで長引いてる。すごい長い。俺もう普通に死にそうなんだけど。どうしてくれるわけ? 俺の残暑をさ、こんな風邪とかのせいでつまらない日常が更につまらなくなっているっていう事実、知っててやってるわけ? 風邪のクソ野郎はさ。もう本格的につらいので人生リタイアしそうなんだけど。マジ無理だから勘弁してくれませんかね。

ゴクリ。今、薬飲んだよ。ついに。薬嫌いの俺が薬飲むってことは相当ヤバイってことがわかってもらえたと思う。マジでつらいんだ。この風邪ってやつが。俺は去年一度禁煙したことがあって、それは理由があって「風邪のとき超つらいのにタバコ吸いたくなるのヤダな」っていう思いからなんだけど、禁煙は1ヶ月くらいは成功してたんだよ。だけど秋になってからとにかくストレスが強くて死にそうだったんだ。それで「あー、タバコに代わるすっきりする習慣がなんかあればいいんだけど…」とか思ってたんだよね。だけど、結果的にタバコに戻ったんだよね。確かあのときは金にも余裕が出てきた頃だったから、まあ高いけど嗜好品としてはしょうがないかとか言ってね、また吸い始めたんだよね。これがとにかくもったいないことだった。あのときちゃんとマジでやめていれば、今も喉が超痛いのにニコチンを摂取したいがためにタバコを吸うという愚かな行為をしていないはず。つまるところ2日くらいは風邪が早く治っているんじゃないかと思ったわけ。あー、恨めしい。去年成功してたのに、そのあとの自動車学校にまた通うはめになるっていうゴミみたいなミッションが発生しなければ良かったのに。あのストレスのせいだからね。完全に。俺は一切悪くないよ。あのときの教官が一番の戦犯だと思う。

とかね、大体のことを人のせいにしているけど、行為に移しているのは俺だから100%俺が悪いんだけどね。それよりもまあ風邪、とにかくさあ、元を正せば風邪自体が悪いと思うんだけど、みんなはどう?そもそも風邪とかいう存在のせいで俺は苦しんでいるわけだからさ、風邪というもの自体がなくなってくれればと思うんだけど。根源から絶っていきたいわけよ。それが出来るか出来ないかはどうでもいいんだけど、誰かがやってくれないと困るってところまで達しているとは思う。蚊とか、そういう害虫を絶滅させて欲しいっていう願いにも通ずるものがあると思うんだけど、蚊とか虫に関してはやっぱり食物連鎖とかいうこの世の慣わしみたいなものがあるからちょっと無理っすね…みたいな言い訳が病気に関してはないはずだからさ、そろそろ本気で取り組んでくれないかな。

さて、そんな世迷言は良しとして、俺は久々に日記を書いたわけですが、前回の更新から特にリアクションがないので俺は悲しい限りです。本来なら4WDさんまた毎日更新してぇ! みたいなラブメール(写真付き)が来てもおかしくなかったはずなんだけどやはりそうも行かなかったようなので、俺は困惑しています。結果からいうと俺はたまに、思い出したように、発作的に日記を書くから。これだけはみんな心に留めておいて欲しい。

ちなみに俺は今、本当に風邪で仕事を休んでいてなるべくなら横になって安静にするべきところを日記書いているっていう状態だから、本当なら明日治っているはずの風邪があと一日くらい長引く可能性もあるわけだよね。それもこれも誰のせいでもないんだよね。結局俺が全部悪いんすよ。自分を戒める意味でとりあえずオチらしいオチもなかったけどこの日記は終わります。

なんですかこれは

俺ぐらいになると非常に飽きっぽくて、昔からやっているサイトを潰してはまた始めるしもうどうしようもないとしか言えない。いい加減マジでやばい。この飽きっぽい性格を直さないとこれからの生活が…お先真っ暗とはこのことです。

はてなブログからのインポート
ちょっと前にやっていたスペックダウンというサイトがありまして、それもまあ全く続かなかったんですけど、一応ログをこちらにインポートすることにしました。ということで久々に自分のこのブログを見てみたらおそろしいことに結構レイアウトが微妙な感じでインポートされているんすよね。ショックだなぁ。

もう少しきれいにインポートされても良かったんじゃないかとは思いましたが、基本雑なんでね、特に直したりすることもしません。リライトくらいしようかと思ったけどそんな価値のある文章でもないので、これはもうこのままで良いよね。

ゴミみたいな生活にさよならしたい
今は俺らの世代でブログとか未だにやっている人って普通の職業の人では多分もういないんですよね。それかよっぽどインターネットが好きな人か。要するに馴れ合いとか友達とワイワイやりたい人は別にウェブログとかやらなくて良い時代なんですよね。ツイッターとかfacebookとか、ソーシャルネットワーキングしていればなんら問題ないよね。

ただ俺はどちらかと言うと友達とワイワイやるよりは自分の文章が大量にあるようなサイトがあったほうが自己満足出来るので、そう、俺は公開オナニーが好きってことだね。というと結構誤解が生まれると思いますが、実際のオナニーというかマスターベーシングは公開しませんけどね。シコってるところとか人に見られたくないだろ普通。

今も俺みたいにゴミみたいな生活をしながらウェブログを執筆している人って他にいるのかな。実際に俺が昔から知っている人でそんな人ってもういないと思うんだよなあ。

実際に調べてみようと思った

もうほとんどのサイトがアクセス出来なくなっています。俺の愛したサイトたち。ログくらいはあっても良いんじゃないかと思ったのですが、やはりドメインを取得されて運営していたサイトに関しては維持費的な側面がありますので、結果として削除せざるを得なかったのではないかと思います。

本当はもっといろんなサイトがまだ更新はしてないにしろ、残っているかなあと思っていた分、ちょっと悲しいよね。

ところで、今も現役バリバリ立花藤兵衛だ!みたいなサイトもございました。俺のアンテナにあるサイトでは、

って感じでした。現役じゃなくともログが残っているサイトも多少ありましたんで、今後もログは消えずにあってくれればなあと思う次第でございます。

ところで俺は

おいらは新しいサイト作りに励んでいる。今度こそ俺は天下を取る。個人サイトとしては異例のアクセス数を誇るクソサイトになりたい。アクセス数に悩んでいたことも昔はありましたが、またもアクセス数で一喜一憂する毎日が始まるのかと思うととてもウキウキしてしまいますね。

で、今まであったサイトはほとんど削除してしまっていて、しかも過去ログのデータもPCが壊れた際に紛失してしまいました。当時はあんなゴミ日記のデータとかいらねえよくらいに思っていましたが、今思うともったいない気持ちになるのは何故なんでしょうか。

削除していないサイトは4WD名義だとこのはてなダイアリー4WDは君に語りかける」くらいだと思います。ちなみに旧「夜霧よ今夜も有難う」に関しては近々復旧予定です。まとめページとかは今もインデックスされているので知っている人は知っているかも知れませんが、あのスペース自体はずっとあります。あれは面倒なので一生残るはずです。

世の中がどんどん変わっていって、いずれ俺が死んで、それでもインターネットを懐古するようなメディアがあったら、俺のサイトも取り上げてくれることを期待します。ただ、過去ログがほとんどないんだよね。ここに移したやつ以外は大昔のが少しあるくらいで、全部残っていたらさすがに俺もアップしたかったんだけどね。

まあそんな感じで久々に日記(ダイアリー)でした。

追伸、近況
下ネタがあまり好きじゃなくなってしまった気がする。

はてなブログのアクセスが全然増えないとお嘆きのそこのあなた!

俺もです。

まったくわからない。アクセスの増やし方が。そもそもこのブログを読んでいて楽しいと思えるだろうかといえば完全にノーなので、そこは自分で反省はしているつもり。書いている内容が面白くないし、伝えたいことがあるわけでもない。ということはもうブログなんてやめちまえ!!って話ですよね。

ただ、俺は高校生のときから日記サイトをやっているので、どうしてもパソコンがあると文章で自己顕示したくなっちゃうんです。恥ずかしながら。まあ昔はニコ生なんかも少しやりましたが、あのときはタイミングが悪かったもので、すぐにやめざるを得ませんでした。

まあそんなこんなで俺の言いたいことっていうのは、みんなが俺の読者登録してくれればいいだけなのに、それをしてくれないから、みんなが俺に意地悪しているんだなと思ってね。ああ、怖い。きっと盗聴器とかも付けられているに違いないよ。盗撮もされているだろうし、電磁波で攻撃されているに決まっている。集団ストーカーの恐怖極まるね。

こんなようなのが知恵袋とかに書いてあるのを見るとぞっとしますが、気持ちも少しはわかる。だってお前ら本当に冷たいもんな。俺に対しては特に。マジで。このブログを読んでとは言わないから、読者にくらいなってもいいじゃん。リンクとか貼ってよ。ブクマしてよ。マジで。たのまい。

こんばんは土曜日

俺には甥がいるんですが、どうやら甥も道を外してしまったらしく、インターネットとゲームとカードと漫画みたいな感じで「これはもうダメかも知れない…」レベルに到達しているようだ。

カードの大会みたいなものに行くということを俺は聞いた。甥がカードの大会に行くのは全然構わない。俺には全く関係のない話だ。俺の懐は痛まないし、なんのカードゲームなのかもわからない。そう、全く関係ないのだけれども気になることなんです。

そもそも、カードゲームをおもちゃ屋さんやリサイクルショップのカードコーナーなんかでやっている人たちが俺は苦手。あと、気持ち悪いのは嫌い。なんかぞっとするんだよね。子供もいるけど大人っていうか第二次性徴が終わったような人たちが真剣にやっているんだよね。気持ち悪いって俺は感じてしまう。

でもね、俺の趣味とかでも「きめえんだよしねよ」みたいに思われる可能性だってあるわけでしょう。公にしたらの話ですが。アイドルをこよなく愛すオタクはどうしてキモいと言われるのか。世間にアイドルを応援していることをアピールしているからです。俺はイメージビデオとかグラビアアイドルに熱心になっているときがあって、それを世間に知られたら絶対に「キモい」というレッテルを貼られることになる。

隠すつもりはありませんが、世間に晒す必要性がないものに関してはいいんじゃないでしょうか。それでもカードゲームに関しては公でバトルする他に昇華しようがないのです。俺は静かに自分の家で射精して終わりますが、彼らは終わりがありませんし、気持ちよくなるためには外でデュエル的なことをせざるを得ないわけです。

俺はカードゲームに一切の興味がありませんから良かったものの、もしもカードゲームにハマっていたらと思うと…。ただでさえ今、道を外れた生き方をしているのにも関わらず、さらにカードゲームを嗜んでいるだなんて、もう想像しただけでも地獄ですよ。

まあ俺の甥は自ら地獄を歩むような立派な成長を遂げたということでしょう。きっと幸せにはなれないが、経験するっていうことは良いことだとおじさんは思う。さーて、オナニーでもするかー!!!!!

掃除をするやつ、しないやつ

掃除をするのが大好きな人間であった。俺は元来、綺麗好きである。むしろ少しだが、潔癖のような気さえする。潔癖の始まりはトラウマがあってこそ。そのトラウマとは虎がもたらした物ではなく、もちろん馬がもたらしたものでもない。犬がもたらしたのだ。

犬は外で生活をしていた。野良ではない。うちで飼っていたのだ。かわいらしい柴犬。小さいときは本当に小さくてかわいくてどうしようもなかったが、次第に成犬となり普通の大きさになってしまいがっかりだった。子供ながらにがっかりしていることを犬には悟られまいと、一生懸命に愛情を注いだ。結果、顔を舐められ、そしてその可愛がった手で俺はおにぎりを食べた。その翌日には高熱と嘔吐という「なんらかのウィルス」にやられたんだろうなという状態に陥る。

死ぬかと思った。しかし死ななかった分、トラウマとなる。動物に触ったあとは完膚なきまで手を洗い消毒する。こんなのは序の口で、愛する女との情事のあともしっかりとうがいと手洗いを欠かさない。これは俺にとっては当然のことなのだ。もしもまた翌日になって高熱と嘔吐、下痢、上からも下からもみたいなことにはなりたくない。予防という言葉がこれに当てはまる。

掃除を常にして清潔を保った俺の部屋は素敵だ。どんなところで寝転がっても平気だ。綺麗だから。そんな時代が終わった。汚部屋時代がやってきた。荒れ放題の俺の部屋。ベッドでしか寝れないのにも関わらずベッドの上にはシンセサイザー。二千円くらいで買ったYAMAHA B200だった。これぞGetWildであった。

そんな過去から現代へ、今はどうかというと中途半端な状態がずっと続いている。掃除時代は苦ではなくて、むしろ積極的にやろうとは思っている。ただ、思っているだけでやる気があるわけではないので部屋は自動的に汚れていく。「あー、部屋綺麗にしたいな!!」という俺の大きな声だけがいつまでも響くこの部屋で俺は掃除するやつからしないやつになった。これからも生きていく。これからも部屋と共に俺は汚れていく。